home

これだから僕は合宿免許を選んだ

自動車の免許を取るときに、教習所に通うのではなく合宿免許を選ぶという人が増えています。それはなぜでしょうか。
まずひとつには、短期間で集中して教習が受けられるということがあります。教習所だと、春の繁忙期などは自分がとりたいスケジュールで教習を受けることができず、キャンセル待ちなどで無駄な時間を過ごすはめになることがありますが、合宿免許はあらかじめ日程にそってスケジュールが立てられているので、そのような時間のロスがありません。また、集中して教習を受けることによって、技能を忘れることなく教習の成果が出やすくなり、検定も通りやすくなります。
とても効率のよい方法なので、まとまって数日間を免許取得のために使えるという人にはうってつけなのです。
さらに合宿免許は、リゾート地などで受けられるものも多いです。つまり、旅行気分で免許を取ることができるのです。ただ教習だけのために出かけていくのでは味気ありませんが、友達同士で泊りがけで旅行をしながら免許が取れると考えたら、とてもお得な気持ちになります。
また、数日間の合宿なのでそこでできる友達もいるでしょう。教習を受けて、夜は遊んで、などとしているうちに免許が取れるなんて、合宿免許ならではのメリットと言えるでしょう。

 

学教習と通学免許との一つ目の違いは、免許取得までのスピードです。自分の空き時間の中から通学し、教習を受ける通学教習に対し、運転免許の取得を第1目標として合宿をするわけですから、最短の期間で運転免許が取得できるような教習スケジュールがあらかじめ組まれています。3月に学校を卒業してから4月の入学・就職などの短い期間でも運転免許を取得できるのがメリットといえます。通学教習でも、同様に短い期間で運転免許を取得できますが、必要により、教習のキャンセル待ちなどをすることもあるので、負担は比較的大きくなるといえます。
二つ目の違いは、家を離れて生活をすることです。仲間内で合宿免許に行けば、合宿免許を取りに行く場所によって、ちょっとした旅行気分を味わうこともできますし、同じ教習所のなかで、新たな友達ができる可能性もあります。通学教習では、この様な経験はなかなかできない為、大きな違いであるといってよいでしょう。
もっとも、通学教習より費用がかかるのは当然ですが、自身のスタイルに合わせ、合宿免許と通学免許を選択できることは、運転免許の取得を目指す人にとって、メリットがあるといえます。

 

生活や業務などで、車の運転免許が必須という方も多いと思います。
運転免許は現行法では、大型免許(車重11トン積載6.5トン又は定員30名以上)や、中型免許(車重5トン積載3トン以上又は定員11名以上)、普通自動車免許(中型の定義未満)、大型特殊免許(キャタピラー、フォークリフトやショベルカー、クレーンなど)、小型特殊(大型特殊と同じ車種で、速度、全長・全幅1.7m、全高制限あり)、自動二輪の大型・普通・原付、それに大型特定車といって、ミキサー車や、石油運搬、ダンプなどの運転免許があります。
さらには、タクシーやバスなど旅客人を運搬目的にする場合には、二種免許が必要になります。
それぞれ運転免許教習所で教習を受け、実地免除で、運転免許試験場の学科試験に臨むか、試験場にて、学科実地ともに試験を合格して、免許証が交付されます。
通常、教習所といえば、普通自動車免許のオートマ限定やマニュアル可免許の教習項目は置かれていますが、すべての教習所がその他の免許に対応しているわけではありません。
今までは、普通免許以外の教習所や、カリキュラム工夫されている普通免許の教習所探しといえば、パンフを取り寄せたり、ガイダンスを聞きに行ったりと入所前の手間がかかりましたが、今ではネット上の教習所ポータルサイトなどで、簡単に見つけることができます。